« 私は自分を | トップページ | 本日行った »

2006年2月13日 (月)

友達ファイ

友達ファイル① 負け犬のゆかりちゃん編☆ 本日日曜日、大江戸温泉物語にいったよ。 今日はお休みだからねーゆっくり温泉なんていいでしょ☆ 乗り換えの新橋で1人で蕎麦を食べてゆりかもめにのったの。常盤貴子がテレビで30歳過ぎてラーメン1人で行った時『大人になったと感じた』と言ってたけど、えっ私22歳でオヤジと肩並べてカウンターで1杯飲めそうなんだけど(笑)でもさすがに、地元じゃ知り合いに会うかもしれないからできないのかもしれないが、今『お1人様』というのが流行っていると『とくだね』とか色々なテレビでやっているが、20歳後半から30代の女性が出演していて1人でフレンチレストランでワインを飲み、ゆっくり自分のペースで、どこにでも行けるよさを語っているが、まさに共感できる。1人なら好きな時間に好きな所に行き、好きな物を食べ好きなように行動できるし、へんに誰かといると気も使わなきゃ行けないし、ボーっと考えごとしたい時間に沈黙が嫌いな相手といた時には悲惨、無駄にしゃべられウザイ。でも、『お1人様』は一歩間違うとそれこそ流行りの『負け犬』コースになりかねないからね。私も方向性を間違えないように気よつけなければね。 前書いたけど、 嫌な人といなきゃいけない時は『人のふりみて我がふりなおせ』精神でそれも自分のプラスにしちゃおうって感じなんだが、やっぱり極力いやな人といるのは避けた方がいい。嫌な人というより、私にとっては、何も得るものがない人だね。そんなレベルの人といると自分のレベルまで下がるからね。やはり、一緒にいる人で自分のレベルも決まるから。 私はくだらない男に告白されると悲しくなる、『こんな奴に付き合える可能性があると思われたのかよ』と。やっぱり本物のいい女には、恐れおおくてそんなこと言えないと思う。私もまたまだ頑張らなきゃね。私は、友達に対しても得るものを求めてしまう。一緒に時間を過ごすのだから当たり前なんだけど。ネガティブな友達ゆかりちゃんという子がいて、一時期ノイローゼになりそうだった時がある、毎日2時間ぐらい彼氏の同じ浮気話しをされ、そのたび真剣にアドバイスして、夜中には『今精神安定剤を飲みました。これ1瓶飲んだら死ねるのかな・・』と毎晩のように自殺をほのめかし、毎回心配して電話をかけていた。たまに夜中寝てる時にメールがきてて、朝あわてて電話するとちゃんと生きてるんだけどね(笑)本気で死ぬ人は連絡しないよね。でも、私は元カレに『あの子ともう連絡しないで』といわれ、その時は『私の友達のことなんでそういうの!』 とムカついたが、私まで精神的にも、ゆかりちゃんに束縛される無駄な時間の多さにきつくなってきたので、キツイ かもしれないが『しばらく連絡とるのをやめよ』と言ったの。彼女も私が心配して相手にするから依存して、私もネガティブ病がうつりかけていた。本当ネガティブは伝染する。 私がまだ人間ができていないから影響されるのだと思ったから、彼女には『私が自分に自信ができたらまた遊ぼう』と言ってあった。あれから1年、何度か誘われたがそのたび断り、ようやく、次地元に帰る3月に会う予定。彼女は28歳で8年付き合っている彼氏は、バツ1子持ち・暴力奮い・糖尿病でHも一生できなくて(それは悪い所じゃないけど、ゆかりちゃんはH好きだったので)・女と遊びまくり・そしてすぐ可愛いと無責任にペットを買ってしまうので、大型犬2匹と猫8匹の世話と、家事を奴隷のようにさせられ、仕事もしろと言われ頑張っていた。本当ダメ男。飲み屋にごはん行くと廊下で唾はくからね。常識はずれな人。母性本能をくすぐるのかしらないが、別れられないでいた。 でも私と会わない間に、別れてちゃんと実家に帰ったらしい。もしかして、何も状況は変わっていないかもしれないが、私ももう彼女には影響されない自信ができたし、彼女はとても頭がよくて仕事がこなせる人、実は私の中学生の時の家庭教師☆当時、ゆかりちゃんは花の女子大生だったから、中学生だった私は色々おしえてもらったの!またゆかりちゃんから何か得れて、今度はお互いを下げる関係ではなく、上げれる関係になれるといいな。 でも、会って私が影響されてしまいそうだったり、彼女が変わってなくていい所もみえなくなっていたら、容赦なくまた連絡たつけどね。でも、ゆかりちゃんのことはずっと大好きだから変わっていてほしいな。

|

« 私は自分を | トップページ | 本日行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42203/694431

この記事へのトラックバック一覧です: 友達ファイ:

« 私は自分を | トップページ | 本日行った »